ようこそPARCへ!

現場を歩き、考える 秋の訪問ツアー 脱原発の地域をつくろう!

募集状況: お問い合わせ下さい

¥38,000

概要

東日本大震災と福島第一原発事故は、私たちの暮らしや社会のあり方に大きな衝撃と問いを投げかけました。「便利で快適な暮らしがしたい」「おカネが一番大事」という価値観やライフスタイルは、実は環境や地域経済、農業や漁業、そして人間らしい暮らし方や豊かな人間関係を壊してきました。このツアーでは、もともとエコや地域、オルタナティブな仕事にこだわり活動してきた現場を訪ね、震災と原発事故後にどのような社会をめざし、どのような選択を日々の暮らしでしていくかを考えます。歩いて、見て、語って、本当に豊かな地域と生き方をともに創っていきましょう!単発での受講もできます。


・2011年10月~2012年1月
・全4回/定員は各回によって異なります
・受講料は全4回通し参加の場合は38,000円、
単発参加の場合は各回の受講料がかかります
・現地集合・解散になります

※プログラムは天候・先方の事情などにより変更することもありますことをご了承ください。
※プログラムの詳細につきましてはお問合せください。

現場を歩き、考える 秋の訪問ツアー 脱原発の地域をつくろう!

ダブルクリックすると大きな画像を表示します。

ズームアウト
ズームイン

もっと見る

講座内容

◆10月22日(土)~23日(日)1泊2日
福島県喜多方市を訪ねる
★311後の福島で生きる―有機農業者の声を聞く

  3-1■浅見彰宏(ひぐらし農園)


福島県の山間地域である喜多方市。この地に有機農業者として新規就農し、長らく地域づくりに取り組んできた浅見さんに、原発事故が福島県の農業者に与えた影響などのお話をうかがいます。夜は新規就農家の皆さんと交流会も持ち、「311後の世界をいかに生きるか」をテーマに対話します。日曜日は喜多方周辺の生産者による「百姓市」の見学、浅見さんが冬の間、蔵人を務める大和川酒造を訪問します。

・単発参加費:18,000円(宿泊費、夕食・朝食、現地での交通費、入浴料、保険代込)
単発での申し込みはコチラ

■プログラム
★10月22日(土)
13:40 JR磐越西線山都駅 集合
山都町早稲谷へ移動。ひぐらし農園や江戸時代に作られた手掘りの水路、本木上堰の見学&自然観察ツアー。浅見さんたちは250年前から続くこの堰の保全活動を行い、堰から引いた水で上堰米を作っています。飯豊山の山懐に湧く天然温泉『いいでのゆ』で温まったあとは、近隣の新規就農有機農家のみなさんと交流会。
黒森山荘宿泊。

★10月23日(日)
黒森山荘にて朝食。
10:00~ 山都町相川にて夏の間、定期的に浅見さんの仲間たちが開催している、有機野菜と天然酵母パンの「百姓市」を見学、参加。
12:30~ 山都町の美味しいお蕎麦の昼食(昼食代は別途かかります)。
山都駅発13:36の電車で喜多方へ移動(電車代は参加費に含まれていません)。
14:00~ 冬の間、浅見さんが蔵人を務める喜多方大和川酒造の見学。
15:30 大和川酒造にて第1次解散。
時間がある方は北方風土館浅見さんを囲んで2日間のシェアリング。
17:00 第2次解散。


◆11月12日(土)~13日(日)1泊2日
千葉県鴨川市を訪ねる
★持続可能でオルタナティブな里山ネットワークの未来に向けて
3-2 ■林 良樹(地球芸術家・鴨川自然王国理事・地域通貨「安房マネー」事務局)

鴨川には約300名が参加する地域通貨「安房マネー」があり、ゆるやかなネットワークを形成しています。棚田オーナー制度をはじめとした都市農村交流や自給エネルギーへの取組も始まりました。震災以降、古くからの住民と新住民が力を合わせ、「大山避難村」として地震・原発避難者の支援も行なっています。地域で、仕事もエネルギーも食も自給する生活を体験してみませんか?

・単発参加費:16,000円(宿泊費、夕食・朝食、現地での交通費、保険代込)
詳細・単発での申し込みはコチラ

■プログラム
★11月12日(土)
12:00  ハイウェイオアシス富楽里集合
*昼食は済ませてきてください。

鴨川へ移動。ワンネスガーデンにて自己紹介の後、林良樹さんのお話を伺う。
安房マネーの広がり、半農半エックス的ライフスタイル、里山ネットワーク、大山支援村の取組、エネルギー自給への取組などについて伺う。
夜は鴨川在住の方々と交流会。
鴨川自然王国宿泊

★11月13日(日)
鴨川自然王国にて朝食
午前中、鴨川の各所を訪問、見学、お話を伺う。
昼食(昼食代が別途かかります)
午後、鴨川の各所を訪問、見学、お話を伺う。
14:00~15:30 自然王国にて林さんと2日間のシェアリング。
16:00 鴨川解散
高速バス利用の方はハイウェイオアシス富楽里までお送りいたします。


◆12月4日(日)
埼玉県小川町を訪ねる
★有機農業がつなげる自給エネルギーと地域循環型経済
3-3 ■高橋優子(NPO法人生活工房つばさ・遊)


すでに30年以上も前から有機農業の実践を行ない、今では集落全体の仕事づくりや持続可能な経済づくりの中心地となった霜里農場。その理念と実践は全国各地に広がっています。食と農の大切さや、地域の中で食やお金が循環していくことの意義について、NPO団体として地域起こしに取り組む高橋優子さんのお話をうかがいます。訪問後は小川町の温泉や地ビールを楽しみましょう!

・単発参加費:4,000円(べりカフェでのランチ付)
霜里農場までの交通費(往復タクシー代)は別途かかります
単発での申し込みはコチラ

 

■プログラム
集合 10:00東武東上線小川町駅 改札付近。
タクシー乗合にて霜里農場へ移動。
午前中、高橋優子さんの案内により、霜里農場見学、霜里集落散策・見学。タクシーにて、農家と市民の協働による日替わりシェフのべりカフェへ移動。
べりカフェにて美味しいランチをいただきます。
ランチ後は高橋優子さんのお話を伺います。
15:30 小川町駅近辺にて解散。

※霜里集落散策・見学は現地の状況により、晴雲酒蔵見学に変更の可能性があります。
※ランチは玄米ランチもしくはパスタランチのいずれかからお選びいただけます。
お申込みの際に、どちらをご希望かお知らせください。
※小川町には温泉や、地ビールのお店など見どころがたくさんあります。
ぜひ寄り道していってくださいね。

 
◆1月20日(金) 19:00-21:00
千代田区御茶ノ水GAIAを訪ねる
★あらためて考える「生産者」と「消費者」の豊かな関係
3-4 ■清水仁司(GAIA代表)


東京の都心・御茶ノ水で自然食材やオーガニック食品、雑貨や本など、環境にも人にも優しい商品を販売する「GAIA」は、老舗のオーガニック・ショップとして多くの人から愛されています。震災後、農産物の放射能汚染が広がっている中で、流通・販売の現場はどのような課題に直面しているのでしょうか。生産者と消費者の橋渡しをする立場から、「脱原発」社会のあり方や食・農のあり方をお話いただきます。

・単発参加費:2,000円
単発での申し込みはコチラ

 

[profiler]
Memory usage: real: 35389440, emalloc: 35015072
Code ProfilerTimeCntEmallocRealMem