ようこそPARCへ!

27. 【ワークショップ】アーティヴィズムとクラフティヴィズム

募集状況: お問い合わせ下さい

¥30,000

概要

いま、世界各地で、「アーティヴィズム(=アートを使った社会運動)」と「クラフティヴィズム(=アートクラフトを通した社会活動)」がひろがっています。この二つのムーヴメントについて学びながら、社会運動に使えるツールをつくります。かつてガンジーは「幸福とは考えること・言うこと・行動することが調和した状態」だといいましたが、さらにそれに「つくること」を調和させた「しあわせな社会活動」を始めませんか。


※最少開講人数に達しなかったため、
講座不成立となりました。

27. 【ワークショップ】アーティヴィズムとクラフティヴィズム

ダブルクリックすると大きな画像を表示します。

ズームアウト
ズームイン

もっと見る

講座内容

photo coming soon ■講師&コーディネーター:イルコモンズ


■2014年5月~11月
■原則として土曜日19:00~21:00 
■全11回/定員20名
■受講料30,000円
※クラフトにかかる材料費などは除く
 

5/24【映像と講義】
●同時代のアーティヴィストたち
―JR、バンクシー、インプローヴエブリホエア、アトミックサイト

6/7【映像と講義】
●同時代のクラフティヴィストたち
―ニッタプリーズ、スゥーン、イルコモンズ

6/21【実演】
●技能的実践家としてのアーティヴィスト/クラフティヴィスト
手に入るものを寄せ集め、それらを部品として試行錯誤しながらつくる「ブリコラージュ楽器」の実演をします。

7/5【講義】
●ナウトピアの政治と「いつかではなく、いま・ここで」の工作
「この世界であなたがみてみたいと思う変化にあなたがなりなさい)」(ガンジー)
「あらゆる運動体は「それが理想としてめざす未来社会の萌芽的形態でなければならな い」というのが僕の考えです。」(内田樹)
「革命後の世界を先につくるぞ」(松本哉)

8/2【講義】
●バッドアートを讃えよう、ブリコラージュのすすめ
「私たちがここで讃えているのはアーティストが間違う権利なのです。それも盛大に」(バッドアート美術館)

9/6【講義】
●暮しのなかのアーティヴィズムとクラフティヴィズム

9/20【講義と実演】
●ストリートドラムとキャセロール

10/18【制作と実技】
●ドラムでコムニタスをつくる

11/1【制作と実技】
●ホンクで警告を発する
「きれいであってはならない。うまくあってはならない。ここちよくあってはならない」。(岡本太郎)

11/15【実技】
●デモ楽器の三原則

12/6【合奏】
●つくったものを使ってドラムサークルをやろう
「リズムがあわない人をとがめてはいけない。その人は、あなたが忘れてしまっているもっとおおらかで、のびやかなにリズムにテンポをあわせているかもしれないからだ」イルコモンズ



[profiler]
Memory usage: real: 35389440, emalloc: 34951424
Code ProfilerTimeCntEmallocRealMem