ようこそPARCへ!

09. 20W革命!自然エネルギーを生活と未来に活かす!

募集状況: 受付中

¥45,000

概要

このクラスでは持ち運び可能な20W太陽光発電装置を一人一台ずつ手作りで組み立てて活用方法を学びます。太陽光発電は「習うより慣れろ!!」。実際に日々の生活に活かしながら、講座を通じて使い方・メンテナンス法などを学ぶことができるので、太陽光発電の基本が身につきます。自然循環型古民家、エネルギーを無駄にしないホールフード(Whole Food)クッキング、地域で取り組むエネルギーなど、現場訪問も魅力的。身近な人にも再生エネルギーを広めるために、イベントのブース出展でPRする機会もあります。使い方のアイデアもどんどんみんなでシェアしていきましょう。

【20W太陽光発電装置を1台お持ち帰りできます!】
全体で重さ5.5kg程度。PC、携帯電話、タブレットなどの充電が可能です。

1.太陽光パネル 【最大出力20W】

2.チャージコントローラー 【5A ノーマル12V(Max16V)】

3.鉛バッテリー 【12V 7.2Ah】

4.シガー&USBソケット【シガーソケット12V×2口】【USBソケット5V500mA×2口】
※オプション(有料)にて50w・100w・200wも選択できます。

●2015年5月〜12月
●原則として週末出かける
●全9回/定員25名
●受講料:45,000円(「20W太陽光発電装置」1台込み)
※出かける回は交通費・宿泊費・食費などが別途かかります。
※野菜を調理する回は材料費が別途かかります


photo coming soon
◎講師&コーディネーター:東 光弘(NPOグリーンタートルズ代表/市民エネルギーちば合同会社代表社員/アースデイちば実行委員会代表)
20年ほど有機農産物の流通を通じて環境問題の普及に取組み、2011年より自然エネルギー普及活動に専念。現在はソーラーシェアリングを活用しての市民発電所事業および、独立型太陽光発電講座、講演活動、各種環境イベントのプロデュースを務める。

photo coming soon

◎企画協力:グリーンタートルズ
環境イベントへの出張ソーラーPA、独立系太陽光発電・市民発電所の企画&運営。省エネ・再エネイベントの企画運営などを展開。
ウェブサイト:「Green Turtles

この講座のPDFはこちらからダウンロードできます。
全講座の掲載されたパンフレットのPDF版はこちらからダウンロードできます。(約36MB)



09. 20W革命!自然エネルギーを生活と未来に活かす!

ダブルクリックすると大きな画像を表示します。

ズームアウト
ズームイン

もっと見る

講座内容

◆5/23(土)10:00〜15:00
オリエンテーション&1dayワークショップ

今日がワタシのハツデン記念日!『太陽光自家発電装置を作ろう!』
photo coming soon ■東 光弘(NPOグリーンタートルズ代表/市民エネルギーちば合同会社代表社員/アースデイちば実行委員会代表)
すぐに自宅で始められる『太陽光発電』の組立て講座。『実際に使える!』をテーマに楽しくワークしましょう!『困った時のメンテナンスハンドブック』付き。

  ◆6/6(土)-6/7(日) 1泊2日
【合宿・千葉県神崎町を訪ねる】
自然循環型古民家と〜じ舎体験合宿 竹は無限のエネルギー!太陽光パネル+「竹」がコラボ〜お洒落な竹架台を作ってみよう!
photo coming soon ■神澤則生(トージバ事務局長)


千葉の里山には荒れた竹林がたくさんあります。でも利用すれば実は宝の山なんです。 ピンチをチャンスに!竹を通してエネルギーについて考えてみましょう。


◆7/4(土)午後
Whole Food(ホールフード)で行こう!
野菜クズを活用した万能野菜だし「べジブロス」

photo coming soon ■タカコナカムラ(料理家/一般社団法人ホールフード協会代表理事/タカコナカムラWholeFoodスクール主宰)
野菜をまるごとつかうベジブロスは、ファイトケミカルの摂取だけでなくゴミをおさえるエココンシャスな料理。カラダも地球もキレイに。
※千代田区内の公共施設での開催を予定しています。

●主著1:『手軽でおいしい熟成レシピ「都市型保存食のすすめ」』実業之日本社 2013
●主著2:『タカコナカムラのおいしい食材とまるごといただくレシピ』旭屋書店 2013
●参考文献:タカコナカムラ『皮も根っこもまるごといただく奇跡の野菜だし ベジブロス-ファイトケミカルで免疫力アップ!』パンローリング社 2014
 
◆9/12(土)
【東京都立川市・国立市を訪ねる】
街なかの公園で小水力発電にチャレンジ&賃貸団地でオフグリッド生活をしているソーラー女子の自宅見学
photo coming soon ■藤井智佳子(ソーラー女子/糸ものハンドメイド作家)

街なかの公園で小水力発電にチャレンジします。人気の人力発電機やベランダ太陽光発電など、身近な自然エネルギーを生かしたソーラー女子の暮らしも見学できます。


◆10/3(土)
【神奈川県藤野市を訪れる】
地域で取り組むエネルギー革命 藤野電力の取り組み

photo coming soon ■小田嶋電哲(藤野電力 エネルギー戦略企画室室長)

自分で使う電気は自分で、地域で使う電気は地域でつくりたいという思いで、できることを楽しみながら活動しています。小さな力を積み上げてどこまでできるか、挑戦です。

 
◆10/14(水) 19:00〜21:00
ブース出展でイベントを盛り上げよう!
土と平和の祭典 【オフグリッド文化祭】ミーティング&事前準備
photo coming soon ■東 光弘(NPOグリーンタートルズ代表/市民エネルギーちば合同会社代表社員/アースデイちば実行委員会代表)
環境イベントに集まる方々も『脱原発』や『自然エネルギー』についてアタマで知っていても、リアルに実感できていないのが実情です。自分達が学んだことを一般来場者にアピールすることで、さらに深く自分自身の中に自然エネルギーの本質を落とし込みます。『花咲かじいさん』のように自然エネルギーの楽しさを自分達のフィールドで広げるためのワークです。


◆11/1(日)終日
【千代田区日比谷公園を訪ねる】
土と平和の祭典 【オフグリッド文化祭】
ブース出展でイベントを盛り上げよう!
photo coming soon ■東 光弘(NPOグリーンタートルズ代表/市民エネルギーちば合同会社代表社員/アースデイちば実行委員会代表)
今回は『地球すくい』『ソーラーランタン作り』『自転車発電』などを通して自然エネルギーをアピールします。また魅力的な出演者が毎年好評のオフグリッドトークステージの運営手伝いにも参加可能です。みなで自然エネルギーの『種』を振りまきましょう!アピールの仕方を体験したらぜひご自身の地域イベントでも実践してください。

 
◆11/24(火)19:00〜21:00
2016年の電力自由化で市民・地域が主役になるには?


photo coming soon ■竹村英明(市民電力連絡会会長/エナジーグリーン株式会社副社長)

いよいよ電力完全自由化時代がやって来る。でも電力会社は既得権を手放さぬよう、あの手この手を打っている。その先を読んで、市民必勝の一手をみんなでつくり出そう。

●主著・参考文献1:『脱原発と自然エネルギー社会のための発送電分離 合同ブックレット・eシフトエネルギーシリーズ』(共著)合同出版 2012
●主著・参考文献2『日本経済再生のための東電解体 合同ブックレット・eシフトエネルギーシリーズ』(共著) 合同出版 2013

◆12/5(土) 午後
【東京都世田谷区を訪ねる】
市民発電所の作り方?世田谷みんなのエネルギー 循環型のエネルギーまちづくりへ
photo coming soon ■浅輪剛博(NPO法人世田谷みんなのエネルギー 代表理事)

上映会、シンポ、手作りソーラー、地域の輪が広がり、市民協同発電所を作ることに。行動しながら考えよう。市民の力が提案型から自治型にどう変わっていくか?

●主著:『地元で電気をつくる本—市民発電所でエネルギーが変わる』(共著)ぶなのもり 2014
●参考文献1:村上敦『キロワットアワー・イズ・マネー エネルギーが地域通貨になる日、日本は蘇る』いしずえ 2012
●参考文献2:和田 武『市民・地域共同発電所のつくり方』(共著)かもがわ出版 2014
[profiler]
Memory usage: real: 36700160, emalloc: 36194888
Code ProfilerTimeCntEmallocRealMem