ようこそPARCへ!

04. 東南アジア ポピュラー音楽の旅

募集状況: 受付中

¥20,000

概要

世界各地のポピュラー音楽は、グローバルマーケットで流通する流行の音楽の影響を受けつつも、ローカルな文化と融合することで独自の音楽文化として進化し続けています。このクラスでは、急速に流入する欧米文化とローカルなアイデンティティを確立しようとする運動とのせめぎ合いの中で育まれた東南アジアのポピュラー音楽に焦点を当てます。ユニークな音楽シーンの成り立ちから最新の動きまで、映像や音源を使いながら見ていきます。ワールド・ミュージックファンや東南アジアの社会や文化に関心がある人にとっても新たな発見の場となるはずです!

●2015年6月〜10月
●原則として火曜日 19:00 〜21:00
●全6回/定員30名

この講座のPDFはこちらからダウンロードできます。
全講座の掲載されたパンフレットのPDF版はこちらからダウンロードできます。(約36MB)


Photo by Lam from Bandung, Indonesia (Keroncong_Merah_Putih) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons



04. 東南アジア ポピュラー音楽の旅

ダブルクリックすると大きな画像を表示します。

ズームアウト
ズームイン

もっと見る

講座内容

◆6/16
はじめに:東南アジアポピュラー音楽のいま
—グローバルとローカルの相克
photo ■井上貴子(大東文化大学国際関係学部 教授)


グローバル化の下、欧米に加え東アジアやイ ンドなど近隣諸国のポピュラー音楽が流入し、 激動の東南アジア音楽シーンをメディアと音 楽産業の変化を視野に入れつつお話しします。

●主著:『ビートルズと旅するインド、芸能と神秘の世界』柘植書房新社 2008年 /『アジアのポピュラー音楽─グローバルとローカルの相克』勁草書房 2011
  ◆7/7
インドネシア〜マレーシア: 
海と国境を越えて広がる音楽
photo ■小池 誠(桃山学院大学国際教養学部 教授)


今回はおもにインドネシアを代表する大衆音 楽ダンドゥットを取り上げる。ダンドゥット はインドの映画音楽とマレー音楽などが交じ り、国境を越えて広がる音楽である。

●主著:『インドネシア─島々に織り込まれた歴史と文化』三修社 1998 /『東イ ンドネシアの家社会─スンバの親族と儀礼』晃洋書房 2005
●参考文献:田子内 進『インドネシアのポピュラー音楽 ダンドゥットの歴史─模倣から創造へ』福村書 店 2012

◆7/28
タイ:クメール系の歌謡曲と「カントゥルム・ロック」
photo ■松村 洋(音楽評論家)


タイとカンボジアの国境周辺の大衆音楽カン トゥルム。クメール文化とロックの要素を融 合させたこの地域の音楽の変容を、代表的な アーティストの音源とともに見ていきます。

●主著:『アジアうた街道』新書館 1999 /『唄に聴く沖縄』白水社 2002
 
◆8/5(水)
「ポップ・バリ」とバリ島のアイデンティティをめぐる運動
photo ■伏木香織(大正大学 准教授)


バリ島のポップス、ポップ・バリは「バリ文化」の見直しが進められる中で再興隆し、社会の動きや政治とも密接に関連するようになりました。本講義では「アジェッグ・バリ」という概念とともに成立したポップ・バリの諸スタイルと、それぞれの社会問題への対応、政治との関係性を明らかにします。

●共著:“Social and Political Effects of Pop Bali Alternatif on Balinese Society: The Example of ‘XXX’”, in International Journal of Asia Pacific Studies, 9/1, 37–67, 2013 /『アジアのポピュラー音楽─グローバルとローカルの相克』勁草書房 2011

◆9/22
東南アジアの伝統音楽と西洋音楽の出会い
photo ■北中正和(音楽評論家)


東南アジア各地の伝統的な音楽は、植民地 時代における西洋からの楽器やクラシック音 楽の流入、そして現代における欧米のポピュ ラー音楽の影響によってどのように変わって いったのか。その変遷を音で辿ります。

●主著:『ギターは日本の歌をどう変えたか─ギターのポピュラー音楽史』平凡社 新書 2002/『毎日ワールド・ミュージック1998-2004』晶文社 2005
●参考文献: 北中正和(監修)『世界は音楽でできている[ヨーロッパ・アジア・太平洋・ロシア & NIS 編]』音楽出版社 2007
 
◆10/6
東南アジアの多様さを聴く
—出会い、混じり合い、新たに生まれる音楽
■北中正和(音楽評論家)

■松村 洋(音楽評論家)

長年世界中の音楽シーンを体感してきたお二人に、一括 りにできない東南アジアのポピュラー音楽の多様さ、こ れまでの回で取り上げられなかった数々のアーティスト、 沖縄や日本の音楽との関係など、ボーダーレスに語って いただきます。

[profiler]
Memory usage: real: 35913728, emalloc: 35421904
Code ProfilerTimeCntEmallocRealMem