ようこそPARCへ!

A. 歌って覚えるポルトガル語! ―ブラジルの大地を旅しよう

募集状況: お問い合わせ下さい

¥32,000

概要

※講師の都合により本講座は開講できなくなりました。



いま、ブラジルは世界中から注目を浴びています! 2014 年にはワールド・カップが、そして2016 年にはオリンピックがブラジルで開催されます。コーヒーやサンバ、カーニバル等でもお馴染みですが、ブラジルカラー/カナリア軍団の愛称で世界的に有名なサッカーの国でもあります。もう一つのキーワードは、豊かな融合文化の国ブラジルの多様性に富んだ多彩な音楽の世界―。そこには、人びとの心・生活・エッセンスがぎっしりと詰まっています。そんなブラジルの歌・歌詞に触れながら、楽しくポルトガル語を学びましょう。クラスでは、「聴く・親しむ・理解する・話す・歌う」をベースに展開していきます。歌を聴き、語りや映像を通して、その背景やエピソードに親しみながら歌詞を理解していきます。そして、自ら歌うこと・声を出すこと(体験する)によって情緒豊かなポルトガル語の発音、リズムなどを自然に身につけていきます。時には“ ことば遊び・音遊び” でウォーミングアップ!そして、リズムに乗ってみんなで一緒に歌にチャレンジ。サンバやボサノバをはじめ、吟遊詩人の世界やフォークソングなどで、広大なブラジルの大地を旅しながら一緒にポルトガル語を学びましょう!

この講座のPDF版はこちら
全講座パンフレットのPDF版はこちら(約7MB)

ジョゼ・ピニェイロ

ダブルクリックすると大きな画像を表示します。

ズームアウト
ズームイン

もっと見る

  • ジョゼ・ピニェイロ

講座内容

【講師】
 26-1 ■ジョゼ・ピニェイロ(José Pinheiro)


サンバやボサノバはもちろん、多彩なブラジル音楽を歌とギターでヴァリエーション豊かに表現するブラジリアン・アーティスト。FM 局J-WAVE の人気番組「サウージ! サウダージ」当初からのヴォイス・ジングルでもお馴染み。1978 年の初来日以降、日本とブラジルをフィールドに音楽活動を続けながら、各種の異文化交流、エコロジーイベント等多彩な活動を展開。20 数年に及ぶ滞日経験があり、各地の小学校で国際理解教育の講師を務めるなど多方面で活躍。自然との共存、多文化共生に対するグローバルな姿勢を伝えている。
  【講座日程】
2011年5月~7月
毎週木曜日 14:00~16:00

・5月19日、26日
・6月2日、9日、16日、23日、30日
・7月7日、14日、21日

【日程調整中】スペシャル映画上映&製作者トーク!!
■岡村淳(映像記録作家/在ブラジル)
ブラジル移民となって20 余年。多様性を誇るブラジルでは、時間と場所が変われば聞こえてくる音楽もまるで変わります。生活者として、旅人として接した音楽の数々をお話しします。
◆上映作品:『生きている聖書の世界-ブラジルの大地と人に学ぶ』

全11 回/ 定員20 名
[profiler]
Memory usage: real: 34078720, emalloc: 33764320
Code ProfilerTimeCntEmallocRealMem