ようこそPARCへ!

14. 脱・東京という選択 ─自分らしいライフスタイルを見つけよう (前期のみ 全3回)

募集状況: 受付中

¥12,000

概要

今、地方、とくに中山間地域に移住するという選択肢が脚光を浴びています。「消滅市町村」と名指しされたところで人口が以前より増えているのです。有機農業への新規参入を志した人びとがそうであったように、新たな移住者たちもまた、都市生活のルーティーンワークから抜け出して自らの手で暮らしを創造的にデザインしようとしています。かつての新規参入者たちは今やフロントランナーから地域のトップランナーになりました。地域資源を活かしクリエイティブに暮らすこれからの人びとと、従来から地域に暮らし数々の問題に立ち向かう逞しさを備えつつある住民たち。両者が結びつけば、新しい価値観と暮らしの技が編み出されていくでしょう。「脱・東京」という選択肢の意義、楽しさ、大いなる可能性を論じ、体感します!

●2015年6月〜7月
●原則として火曜日 19:00 〜21:00
●全3回/定員30名

※出かける回は交通費・宿泊費・食費が別途かかります

通年 全9回の受講はこちら

後期 6回のみの受講はこちら

この講座のPDFはこちらからダウンロードできます。
全講座の掲載されたパンフレットのPDF版はこちらからダウンロードできます。(約36MB)


14. 脱・東京という選択 ─自分らしいライフスタイルを見つけよう (前期のみ 全3回)

ダブルクリックすると大きな画像を表示します。

ズームアウト
ズームイン

もっと見る

講座内容

◆6/9
田園回帰の時代
photo ■小田切徳美(明治大学教授)


「田園回帰」は、移住を含めた国民の農山漁村 に対する多様な関心を意味しています。その 点で、今は、まさに「田園回帰の時代」です。 この傾向がなぜ、この時期に生まれてきたの でしょか。現場から考えます。

●主著:『農山村は消滅しない』岩波新書 2014 /『農山村再生に挑む』岩波書店 2013
●参考文献:小田切徳美『農山村は消滅しない』岩波新書 2014
  ◆6/30
地域づくりの足し算と掛け算の法則
─地域おこし協力隊の本質的役割
photo ■稲垣文彦(公益社団法人中越防災安全推進機構 復興デザインセンター長)

人口減少社会の扉を開けた中越地震、その震 災復興の取り組みには地方創生のヒントがあ ります。この講義では、地域づくりの足し算 と掛け算の法則を学び、地域おこし協力隊の 役割を考えます。

●主著:『震災復興が語る農山村再生 地域づくりの本質』(共著) コモンズ 2014 /『災害ボランティア論入門』(共著) 弘文堂 2008
●参考文献:小田切徳美『農山 村は消滅しない』岩波新書 2014

◆7/18(土)〜7/20(月・祝)
新潟県長岡市・小千谷市・十日町市を訪ねる 2泊3日合宿
超進化する村人と移住女子を訪ねる
■案内人:稲垣文彦(公益社団法人中越防災安全推進機構 復興デザインセンター長)

中越地震から10年が経った今、新潟県では住民が主体と なった地域づくりへの取り組みが着実に進み、移住する若 者が増え、集落がとても元気になっています。2泊3日の 合宿で、奇跡の復興を遂げた集落をめぐります。超進化す る村人と移住女子に会いに行きましょう。

◎行程
7/18(土) 十日町市池谷集落/宿泊場所:小千谷市若栃集落 「おっこの家」
7/19(日) 小千谷市若栃集落・長岡市山古志木籠集落、池谷集
落など/宿泊場所:小国法末集落「やまびこ」
7/20(月・祝)長岡市小国法末集落

※やむをえず、内容が変更になる場合があります。予めご了承ください。
 
[profiler]
Memory usage: real: 35651584, emalloc: 35402288
Code ProfilerTimeCntEmallocRealMem